ジュエルレインの使い方

ジュエルレインを効果的に使うためには、正しい使い方で取り組むことが必要不可欠で、それによってニキビで悩む背中を健やかな肌に改善することができるのです。

 

「ただ塗ればいい」
「とりあえず使えばいい」

 

なんて思っている人も少なくありませんが、こうしたテキトーな使い方をしているとニキビの治りが遅くなり、効果も実感しにくくなりますので、時間とお金と労力が余計にかかってしまいます。

 

そうならないためにも、正しい使い方をマスターして、最短距離で背中ニキビの悩みを解消してください。

ジュエルレインの基本的な使い方

スキンケア用品によって使い方はさまざまですが、ジュエルレインの使い方はそこまで難しくありません。

 

むしろ簡単な部類にはいるのではないでしょうか。

 

ジュエルレインの基本的な使い方は次の3ステップです。

 

1:使う量を手のひらにのせる

 

ジュエルレインを使うにあたって使用する量を手に取ります。

 

もちろん少なすぎると成分がしっかりはたらきませんし、逆に多すぎても効果は全く変わらないので適量を使うよう心がけること。

 

1回あたりの使用量の目安は500円玉くらいの大きさがちょうどいいと言われています。

 

また、手に乗せる前に手を洗ってからジュエルレインをのせると、余計な汚れがジュエルレインにつかないため、成分が100%のはたらきを発揮してくれやすくなります。

 

2:両手でなじませる

 

ジュエルレインを直接ぬっても成分が肌に浸透せず、あまり効果を実感できません。

 

ジュエルレインを手に取って、両手でなじませてください。

 

手になじませることによって、ジュエルレインが体温によってあたためられ、肌に浸透しやすくなりますので、きちんと両手でなじませてから塗りましょう。

 

3:気になる部分に優しく塗る

 

両手でなじませたジュエルレインを気になる部分にぬりましょう。

 

この時、力任せに塗るのではなく優しくなでるような感じで塗るのがベスト。

 

またジュエルレインは背中以外の部位に使っても成分がはたらいてくれますが、基本的名塗り方は背中と一緒なので上記の使い方を意識しながら使うと良いでしょう。

 

ジュエルレインの「使い方」以外のポイント

上記で説明したような方法でジュエルレインを使えば、成分が正常にはたらいて背中を始めジュエルレインを使った箇所の肌が少しずつではありますが綺麗になっていくでしょう。

 

 

ただ、基本的な使い方を続けても効果の実感度合いが早くなることはありません。

 

きっとジュエルレインを使おうとしている人達のほとんどは

 

「1日でも早く背中のニキビをなんとかしたい!!」

 

と思うはず。

 

もちろんジュエルレインの使い方を間違えると成分のはたらきが鈍くなって効果の実感も遅くなってしまいますが、実は使い方“以外”のポイントを押さえておくとより成分が肌に浸透して効果を早く実感できます。

 

ジュエルレインを使うのであれば上記の使い方とともに、これから紹介するポイントも意識して使うと良いでしょう。

 

ジュエルレインは1日2回使う

 

多くのスキンケア用品は1日1回お風呂上がりに使うのが良いと言われていますが、寿得れるレインに限って言えば、お風呂上がり以外にも朝起きてからも使うとより効果があると言われています。

 

ジュエルレインには肌のターンオーバーを正常にするはたらきを持つ成分(グリルリチン酸やヒアルロン酸など)とともに肌を保湿する成分(トレハロース)も含まれています。

 

ニキビができる原因の1つに「肌の乾燥」とありますが、乾燥を防ぐためには保湿が必要です。

 

つまりニキビを消すだけでなく保湿によって新しいニキビができないようにするために、ジュエルレインを朝と晩の2回使うのが推奨されています。

 

早朝バタバタする人はつい忘れがちですが夜だけでなく朝も使うことでニキビの消えが早くなりますのでお勧めです。

 

着る服の“素材”に気を配る

 

季節によっても異なりますが基本的に背中は衣類に守られています。

 

ですが見方を変えると背中は衣類に触れる機会が多いため、複の素材によっては背中の肌を傷つけてしまう可能性だってあります。

 

また、空気の通りがよくない素材の服を愛用すると背中が蒸れてしまいアクネ菌が繁殖しやすくなるため、ニキビができやすくなります。

 

このように、普段きている服の素材を意識するだけでも背中のニキビのできやすさが左右されますので、なるべくニキビができにくい素材の服を着るよう心がけましょう。

 

できれば肌さわりがよく通気性の良いものがベスト。

 

具体的にはコットンや絹などは通気性にも優れているのでお勧めで、逆にナイロンなどの化学繊維は肌を傷つけやすいのでなるべく肌の上から着るのは控えた方がいいでしょう。

 

ニキビができてない部分にも均等に塗る

 

ニキビができるとニキビにばかり注目し「早くなおしたい!」という気持ちが強くなるせいか、ニキビができている箇所にだけジュエルレインを塗る傾向があります。

 

気持ちはとても分かりますが「ニキビ予防」のためにもジェルレインは背中全体にまんべんなく塗ると良いでしょう。

 

残念ながらニキビができる箇所というのは肌であればどこにでも可能性があります。

 

つまり、今ニキビができてなくても予防ケアを怠るとその部分にニキビができる可能性がある・・・ということ。

 

せっかく今あるニキビが消えてもまた新しいニキビができたらきれいな背中になるのは相当先の話になってしまいますからね。

 

ジュエルレインはニキビを「消す」だけでなく「できないようにする」予防効果もありますので、使う際は背中全体に使うといいでしょう。

 

気になる部分にはジュエルレインの「重ね塗り」

 

どうしても気になったり目立つニキビができてしまった場合、1日でも早くなんとかしたいと思いますよね?

 

もしそんなニキビがありましたら、ぜひジュエルレインを重ね塗りしてみてください。

 

ジュエルレインは医薬部外品で、肌のターンオーバーを正常に戻すはたらきを持つスキンケア用品ですから、残念ながら使って2、3日でニキビが完全に消えることはありません。

 

しかし、ジュエルレインを重ねぬりすることでより多くの成分がニキビができた肌に浸透し、ターンオーバーの正常度合いをより早く進めてくれると言われています。

 

もし背中のニキビでひときわ目立つものがあればジュエルレインを重ね塗りして早めの対処をすると良いでしょう。

ジュエルレインの使い方次第では「赤ちゃん肌」も夢じゃない?

いかがでしたか?

 

ジュエルレインの使い方そのものは決して難しくありませんから、気をつけさえすれば誰でも簡単に正しい使い方をすることができます。

 

ただ、これを毎日するわけですから「面倒だな・・・」と感じる人もいるでしょう。

 

こうした手間の面倒や時間の面倒に負けてしまうと、背中ニキビとはいつまで経っても決別することはできません。

 

ジュエルレインは正しく使い続ければ、いずれ赤ちゃんのようは肌を作ることも可能です。

 

ですが、そのためには毎日正しい使い方をすることが絶対条件。

 

最初は面倒かもしれませんが、習慣化してしまえば特に意識することなく取り組むことができるようになりますので、それまではすこし辛抱しながら使ってみてください。

 

 

 

ジュエルレインの具体的な効果はこちら